【バリ家具 豆知識】~オールドチーク編~


こんにちは。

 

湘南 バリ島家具Chair スタッフのkassyです。

 

 

 

ムシムシとした梅雨らしいお天気。

 

 

ムシムシしたバリ島から無事?に帰国したお二人。

 

 

 

 

 

 

 

 

おひとり、お足元が痛々しいです。。(汗)

 

 

 

てゆうか、黒いなぁ・・。

 

 

お顔のお星さまはあえて茶色にしてみました。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて今日は、古い木材「オールドチーク」について。

 

 

 

 

 

若いチーク材のお話しは以前こちらでお伝えしました。

 

 

 

オールドチークとは、いわゆる古木です。

断面図を見たときに輪郭がしっかりと出ております。

NEWチーク(若いチーク)の断面はなんだかぼんやりと

しております。

 

 

若いチークですと、水分が多く伸縮や膨張から反れが出たりと

家具として使用してからも環境に馴染むまで少し時間やメンテナンス

が必要だったります。

 

 

 

オールドチークはじっくりと時間をかけて乾燥しているので、

水分があることでの変形や割れ、反れという問題は少なくなり頑丈です。

 

 

 

オールドチーク レリーフローテーブル75

 

 

 

 

 

何より、味があります。

艶があります。

どっしりとしていて、重厚感があります。

 

 

 

 

オールドチークは古い民家の柱、床、船として活用されていた

ものを家具に再利用していることがほとんどです。

 

 

これも貴重なオールドチークの材。

 

写真はバリ島、提携工場のお宝たちです。

その木材の出どころにより、年代も質も違うので、

より古く質のいい木材から作られた家具は高価になります。

 

 

 

 

店内には、ニューチークとオールドチークと

アイテムがありますが、店内アイテムの値札はこのように

色分けされております。

 

 

家具選びの参考にしてみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

強い木→古い木→価値がある。

 

 

 

 

 

 

傷も釘のあとも古いペンキのシミも「味」「歴史」

として愛着が出ますよね。

 

 

 

何より、いろんな場所で歴史を刻んで来た木材の

「存在感」は新しい木材の家具とは圧倒的に違います!

みなさんも実際に触ってオールドチークの質感を

お試しください♪

 

 

 

 

オンラインショップのアイテムも

コメント欄にも記載されておりますので

参考にしてみてくださいね!

Sampai Jumpa lagi!

 

 

kassyでした♪

 

 

 

。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。
Chair -湘南にあるバリ島家具・雑貨・絵画のお店-
〒251-0053 神奈川県藤沢市本町3-11-12
https://fujisawa-chair.shop-pro.jp/
0466-52-5505
Open 10:00~18:00
Close on Wednesdays
。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。