【ちょっとしたコツ ①】空間のまとめ方~食器編


こんにちは♬☻☻♫•*¨*•.¸

バリ島家具 Chair スタッフ Yossy です。

 

 

Chair では日々店内のレイアウトをちょくちょく変えているんですが、その空間のまとめ方のちょっとしたコツを今回ご紹介します。

 

気まぐれなシリーズとなる予感^^

 

本日は食器の纏め方をご紹介したいと思います。

 

 

 

【基本編】

 

 

横から見ると、整然と並んでるように見えますが・・・

 

 

 

上から見ると、雑然とならんでいる感じ・・・。

 

 

 

 

イカット(手織り布)をテーブルライナーとして使ってみました!

 

 

 

果物入れやカトラリー(スプーンやフォーク)など、共用分 テーブルライナーのに並べ、背の高いカゴものは後ろへ。

個人で使うコーヒーカップなどはテーブルライナーの外へ

 

バラバラだった食器が一気にまとまり、すっきり 見えませんか?

 

 

ポイントは、食器の用途 (共用?個人用?) をテーブルライナーを使って 区別化 することです。

 

 

■ イカット ロング (店頭のみでの販売)

-寸法 W 約38cm × D 約175cm

-価格 ¥2,200(税込)

 

 

 

 

 

 

【応用編】

 

 

 

 

ひとつひとつは可愛いんだけど、全部集めると不揃いでなんか違う・・・

 

なんて経験ありませんか?

 

 

そんなときは・・・

 

 

ランチョンマット を使うと良いです。

 

細々したもの・・・ここでは、灰皿、キャンドルホルダー、飾り物・・・をランチョンマットでワンセットにまとめました。

すっきり!

 

 

ランチョンマットは本当に便利で、食器だけでなく、雑貨類にも応用できます。

 

 

■ランチョンマット ¥300~ (店頭のみでの販売)

 

 

 

食器の置き方もちょっとした工夫 があります。ほんとにちょっとした・・・ですが。

 

キレイに見せるコツは、単純な、シンプルな形 にまず整えることです。

 

例えば、正方形 長方形直線 など。

 

上の場合、ランチョンマットの形に合わせて 長方形 になるように食器を配置しています。

 

これでも良いんですが、ちょっと物足りない。堅い印象。。。

 

 

そんなときは、どれか一つ、ズラしてあげます。

 

ここでは、右上のガラス皿。ちょっと 右斜め上 に傾けました。

 

これだけで少し動きが出たと思いませんか?

 

 

 

コツ?というくらいシンプルなことですが、ちょっと気にかけてみると、インテリア楽しくなりますよ!

 

 

 

 

Terima kasih,

Yossy

。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。
Chair -湘南にあるバリ島家具・雑貨・絵画のお店-
〒251-0053 神奈川県藤沢市本町3-11-12
https://fujisawa-chair.shop-pro.jp/
0466-52-5505
 Open 10:00~18:00
Close on Wednesdays
■■ 年末年始の営業 ■■
~2017/12/26(火)
2018/01/09(火)~
 。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。