About US

- チェアーとは -

Chairではインドネシアチークにこだわり
バリ島にてオーナーが厳選した家具を
直輸入し販売しております。
ご来店頂き、一つ一つ表情の違う
雑貨や家具をお客様の目で選んで
頂ければ幸いです。

また、バリの職人の手によって
作成するオーダーメイド家具を
ご提供しております。

長年を経て乾燥熟成されたチークを使用し
愛着をもって長い間使っていただける家具を
製造しております。
使うほどに味が出てくる様子はどんどん空間になじみ
家具を育てる感覚をお楽しみください。

Company

- 会社概要 -

運営会社 : 株式会社大湘
代表者代表取締役 : 小谷 元
店舗名: Chair(チェアー)
所在地 : 神奈川県藤沢市本町3-11-12
電話 : 0466-52-5505
事業内容 : 雑貨・家具販売、家具製作販売

Aboute Indonesia teak

- インドネシアチークとは -

世界三大銘木の一つ チーク、ウォルナット、マホガニー

  • - ウォルナット(クルミの木)-

    特徴 :
    木質は重硬で衝撃に強く、強度と粘りがある。
    産地 :
    アメリカ、中国
    用途 :
    建築用材、家具(ヨーロッパ家具)、ライフル
  • - チーク -

    特徴 :
    耐久性・耐水性がある。病害虫に強い。乾燥後は裂けにくく寸方が狂いにくい。
    産地 :
    インドネシア、ミャンマー、東南アジア系
    用途 :
    船舶用材、床材、家具、彫刻物
  • - マホガニー -

    特徴 :
    赤みがある。頑丈。
    産地 :
    キューバなど南米付近(ワシントン条約で制限されている)
    用途 :
    建築用材、家具、ギター

海水に浸かっても劣化しないのがチークの特徴です。
大型帆船などに使い始めてから今日、クィーン・エリザベス2世号のデッキ、
内装材、箱根富士屋ホテルのメインダイニング、
そして現在の豪華客船「飛鳥Ⅱ号」など、
歴史と共に気品のある空間を作り出す素材として、
世界各地の建築物でゆるぎない地位を気づいてきました。
チーク材は古い材木ほど価値があり値段も高価です。
それはなぜかというと、
伐採後、間もない処女期のチーク材は水分を多く含むため反りや割れが激しく、
家具の材木としては使い物になりません。
しかし、乾燥後のチーク材の安定性は大変よく耐久性も高いので、
現在でもヨーロッパアンティーク家具などでチーク材がよく見受けられます。
時間の経過によってその品質は失われることがなく、
年をおうたびに重厚感を増し色あせることがありません。

強い材質=古い材質=高価
*古木の含水率は8%~12%

人工的に乾燥機のようなもので、
急激に乾燥させるよりも年月をかけて乾燥させた枯木の方が、
含水率(がんすいりつ)も低く丈夫な木材になります。近年ではこのような人工乾燥が多いのが現状です。